刀豆 肝臓病にきく?

廃棄物のボディ濾過腎臓、および、そのような健康な血液や体液などの保つために非常に重要な器官です。
腎臓病を噛まないようにもかかわらず、腎臓の疾患の多くの異なる種類があります。実際には、長期の腎臓病は、腎臓の機能を低下させる条件の総称です。
慢性腎臓病(CKD)

腎臓病における近年の患者において増加し続け何慢性腎臓病(CKD)です。
慢性腎臓病、意志より多くの、健康な腎臓機能は、異常状態で、このような蛋白尿を得るように、長い時間のために腎臓の状態を継続し、治療されない人の60%未満に腎機能が低下し減少し、あなたは透析や腎移植が必要になります。
慢性腎臓病は、ほとんど自覚症状があります。このような息切れなどの症状が現れる慢性疲労、浮腫、、、症状がかなり進んでいます。早期発見のためには、定期的な尿検査や血液検査を受けることが重要です。
慢性腎不全

慢性腎臓病は、数十年、慢性腎不全の数ヶ月から数年かけて徐々に進行することです。
一度慢性腎不全ではなく、現在の医療技術の腎機能の可能な回復になるとき、私たちは徐々に腎臓の機能を弱体化されます。
慢性腎不全を治すために何の薬はありません。しかし、ダイエットのような組み合わせは、あなたが進行を遅らせることができます。腎臓病の食事は、タンパク質および塩を制限するために、身体にすることができ、廃棄物の量を抑制し続けることが重要であろう。

腎臓病(慢性腎臓病)のための教師の物語
レイクリニックの多く
医学崇人井上先生の博士
なた豆と腎臓

なた豆は、歯周病または蓄膿症などの「膿アップ効果」で知られているだけでなく、腎機能の改善をもたらすことが期待されます。
なた豆、尿素を分解するために働く多くの酵素「ウレアーゼ」が含まれています。つまり、ウレアーゼがしっかりと腎臓で働いている、腎機能も正常な証拠となります。したがって、ウレアーゼのリッチド豆は、腎機能を改善する可能性があると考えられます。

膿で始まるが、このような白血球などの死骸で身体の老廃物の一つであるために、腎臓が老廃物をフィルタリングする器官です。したがって、腎臓病にも効果があることから、豆は、膿アップ効果で送信されないことは行くだろうと確信しています。
なた豆の腎臓への影響について書かれていたとしても、古い文献には、いくつかあります。中国の明代に書かれ、日本語訳のような豆の教科書は、中国医学となっている中で、「本草綱目」は日本では江戸時代にもある「エキシマ腎臓、オリジナルサプリメント」として紹介されています。
豆の影響あなたが実現するか、自分自身を医師

だから本当に、なた豆は腎臓病に良いですかどうか、私は私は自分自身も名前だった豆茶を試してみることにしました。腎臓病から自分の苦しみがありますので。
私は医者としての忙しい生活を継続しながら、糖尿病になり、その合併症は目や腎臓を悪化させており、現在透析を行っています。
腎臓病は見過ごさで進行していきます。医師は反射の高さですが、私は自分の病気の兆候を見逃しています。

腎機能の改善のため、そしてあなたに豆茶を飲み始める、それが徐々に表示され変更されています。まず、脚のむくみが改善されました。
浮腫は、腎臓病の典型的な症状であり、透析を持って、浮腫はあまりかかりません。あなたに豆茶を飲むときしかし、から、私浮腫はかなり軽量になっています。
もう一つ驚いたことは目には明るさが戻ってきたということです。私は視野が薄暗い状態だったことができますどのように、糖尿病に悪い目だった、最近の明るさを感じられるようになってきました。

また、透析を持っている場合、ほとんどの人は、尿外ではありません。少量存在するが、私はまた、最近、尿の多くは出ていないですが、それが尿に出てきました。
腎臓が悪くなった場合に加えて、血圧も高くなります。私も以前、収縮期血圧が170以上である必要がありますが、私はノルバスク-コニール薬を取っていました、
なた豆茶を飲むために最初から150以下になり、また、降圧剤のより少ない投与量でした。これらは、腎機能の有意な証拠回復しています。
なた豆の患者の症例
case01
私は別の病院で腎炎の治療を受けたときは、クレアチニンレベルはかなり改善が腎機能の数値ではありませんでした。これは、いずれかを行う必要があり、透析、人はかなりのショックを受けていたと言われています。
私は何を見てきましたが、確か数値が悪かった、まだ透析を宣言するのに十分ではなかったです。
だから、患者の精神的ストレスを除去するための透析用の静止不要と話すこと、わたしはあなたに豆茶を飲むように指示されました。
あなたはあなたの豆茶を飲むことを起動すると、それは徐々に腎機能が改善されました。または透析の不安から解放された、患者の表情も明るかったです。 (20代女性)

case02
クレアチニンの数値が別の病院で7で、すぐに透析を開始する必要はありません宣言された患者がありました。
しかし、それは初めにクレアチニン値があった6.95、そのような豆茶で私たちの病院に推奨されたような足として5.16、浮腫、に改善された2ヶ月半が解決された後、あります。ある患者さんも時間が、もはや透析心配ありません。 (70年代の女性)
豆は、東洋医学から考えていましたか

科学的アプローチによるなた豆の効能、カナバニン(血液循環促進効果)と、そのようなコンカナバリン(抗腫瘍効果)などの成分の有効性について多く発見されています。しかし、仕事なた豆は、有効成分の効果だけではありません。
そして学ぶ東洋医学の「人間の体は薬の宝庫である」という概念、古い豆ドは、患者自身の中にある「医学」を高めるために重要なことよりも、ある漢方薬としてから利用されていたましたボディと私は信じてそこにあるか否かを判断します。
豆のフィールドは、私は私も訪問させた鹿児島市の名前だったが、私は非常に穏やかな「ケア」を感じました。それは私が豆だった野菜の良い品質を作るための条件となっているされていると思い、もあります。

「ケア」とは、東洋医学の重要な考え方です。でも東洋医学では体は、ガスが流れている獲得しています。
川の流れを想像してください。川は水が長い絹のように流れている場合はきれいですが、濁りとは、水でも停滞しています。
健康な体ガスの流れは、血液やリンパ液がスムーズに流れるように、もちろん、です。逆に病気になる、これらの流れが悪くなります。
私の治療では、これらのフローを改善するためのマッサージ療法の組み合わせを有します。