刀豆 蓄膿症

膿胸は、一般的であるが、鼻の疾患として知られている、膿が体腔内(本体の空洞)を蓄積していた状態のものをいう医療定義における鼻腔だけでなく、その「膿の蓄積が、それは症状がその事実から膿胸と呼ばれています」。
慢性副鼻腔炎(蓄膿症)

鼻腔内膿胸の正式名称は、慢性副鼻腔炎と呼ばれています。慢性副鼻腔炎は、キャビティ膿が鼻の奥の方に位置病と呼ばれる副鼻腔内に蓄積されます。
原因、一般的な風邪による急性副鼻腔炎、そのようなひどい虫歯があります。
それが混在した黄色っぽい鼻汁の膿を流れるように、蓄膿症(慢性副鼻腔炎)になると、一部の人々は、このような不快な臭いや頭痛のように、苦しみます。
蓄積された膿の状態が続く副鼻腔への遺骨は、鼻の徐々に粘膜は、膿の排泄がより困難に厚い」粘膜肥厚」になってきているようになるが発生した場合そして、私たちの症状は悪化し続けています。
歯性上顎洞炎(蓄膿症)

また、上顎洞炎歯の歯も原因で発生膿胸の一種です。上顎洞は上顎の左右の骨の中にある鼻腔に接続空洞で、上の歯の炎症は、上顎洞は上顎洞炎の歯であるに達しています。通常の蓄膿症(慢性副鼻腔炎)は、膿のも強烈な臭いを特徴としているよりも、永続的な症状です。
さらに上顎の進行状況の骨に細菌に達し、それは骨が溶けてしまいます。そして、それは多くの場合、治療することができないではなく、抜歯健康な歯は、あなたが入れ歯にする必要はありません。
また、膿が蓄積されていますとき、上顎洞の粘膜が厚くなって、それはまた、鼻のように悪いになります。その結果、呼吸が苦しくなる、そのようなスロー頭の回転感覚などの症状を出てきます。
そして、もっと深刻な、または眼球への圧力となり、それはまた、脳炎を引き起こす可能性があります。

上顎洞炎の歯についての先生の話(蓄膿症)
番長オーラル再建 – &スキャンディレクター
歯学博士伊藤MichiIchiro教師
恐ろしい蓄膿症、歯性上顎洞炎

このような上の歯のような上顎Horaenの歯は、虫歯によって炎症を起こしており、炎症の原因の膿胸の歯は、歯の根を介して上顎洞にまで到達します。
それが上顎洞に入った場合、免疫細胞の白血球を集めて、口腔内病原性細菌にその原因の炎症を引き起こし、これを解消しようとします。
その結果、病原体および免疫細胞が上顎洞に蓄積された私は行く、殺す破片や膿です。
上顎洞炎の歯の治療は、原因となっている虫歯を抜いて、それでもあなたは硬化し、手術したくない場合。
状態は深刻で、すべての場合はそれも可能性があるため、完全な義歯歯は、患者のいくつかを引っ張ったが、一部の人は手術をしたくありません。
私はフォローアップをし続けながら、手術を拒否されて治療を受けた患者では一人だけでは、症状が改善している人がいました。
あなたは特別な何かをやっているかどうかを尋ねられたとき、患者は豆茶は毎日だった飲ん答えたとしました。
効果は、様々な口腔疾患に豆を期待できないました

あなたは豆だけでなく、歯周疾患であり、おそらく他の口腔疾患に効果を期待することができ、私たちは上顎洞炎の歯の臨床試験を実施することを決定し、有効性に興味を持っていました。
結果として、改善が氏12人の患者のうち10で観察されました。改善までの期間が早い人では約2ヶ月、1番長いを取った人で約1年半、平均で4ヶ月半後、回復の影響を受けた部分が見られた、です。この臨床研究は「上顎洞炎の治療の歯であなた豆茶の経験を使用」と題する記事で要約され、それが2002年に口腔外科学会の第47回年次総会で発表されました。
なた豆の患者の症例
歯の右上には上顎洞の粘膜が肥厚している、原因で上顎洞炎の歯を引き起こしていた患者は、鼻づまりと低迷感を訴えていました。これは、原因となっている右上の歯抜歯だったが、粘膜の肥厚が改善されません。
これは、拡大された粘膜を切除する手術を提案しているが、患者が拒否されました。したがって、我々はあなたに豆茶をお勧めします。
半年後、それよりも「鼻の通りをより良いが、重量のヘッドとしてオフに来た」と、X線撮影しようと、上顎洞粘膜の肥厚はそれが消える見ることができました。 (40代女性)
歯の左上隅が原因で上顎洞炎の歯を開発しました。となっている歯を抜い原因、我々はそのような抗菌剤として、投与することにより治療を続けました。だけではなくても40日後に改善が見られない、粘膜は抜歯前よりも上顎洞の厚くなるが、左上顎洞は、私は完全に満たされているです。その結果、眼球の圧迫感や鼻を詰まら患者は、今低迷感を訴えます。
患者最初の手術が拒否されたので、飲みなた豆茶を提案することでした。それはのような問題になっている人から言われたので、あなたに豆茶を飲むの開始から3ヵ月後に「鼻づまりは全くなくなりました」と、X線撮影、左上顎の粘膜の肥厚にしよう洞は完全にそれがあった改善されていました。
このように、なた豆は上顎洞炎の歯で、膿胸の効果的な種類であることを証明することができました。 (26歳男性)
なた豆の患者のあなたの喜びの声

「鼻が今鼻が楽に通過し、もはや退屈で、鼻水ことはもはやもなかったです。」
W・Sさん(74歳、男性)
私は中学校にいたときになった膿胸は、あります。それは昆布は、鼻でキノコとして、それはこのように呼ばれているので、病気の正確な名前は、「ポリープ」、膿胸の種類と呼ばれます。症状、または逆に怠惰な鼻水の流れ、および詰まっ鼻。鼻水の事は痛みを伴うストップではないですが、痛みを伴うが、ほとんどのある鼻が詰まっているということでした。
通常、鼻の左右が交互に詰まっているので、あなたはまだ我慢ができ、両方の鼻の悪化が同時に詰まる原因になりますとき。
鼻で呼吸が完全にすることはできませんので、あなたも、あなたが寝ているときに口の中で息をしなければなりません。そして、口の中で乾燥させるために、それがウイルスに感染しやすくなり、風邪をキャッチすることが容易になってきています。約20年前、それは鼻ポリープを癒すしようとして手術しました。だから一時的ではなく、状態の鼻は、今も、鼻が詰まっているようにも、私はなっているが、再発が続くことになりますされています。だから、私たちは膿胸では良いという評判を持っていない豆のお茶を試してみることにしました。
私は農業にけど、農業の仕事は肉体労働です。汗の核たくさんあるので、水分補給は必須ではありません。
夏も他の季節で2リットル、および豆茶を飲む毎日、このような1リットルでした。そして、これに続けてきた、いつの間にかは今鼻が快適に通過し、鼻を詰まらせませんが、それももはや鼻水ことがなかったです。
名前は鹿児島の豆だった場合は、の詳細および症状なた豆の改善に効果を学びます